スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信越麺戦記Part3中京の章 後半戦

現在、ジャスコ南松本店の駐車場にて開催されている「信越麺戦記」に行ってきました。

麺戦記

こちらは現在南松本のジャスコ駐車場で行われているラーメンイベント。公式ツイッターによると毎日多くのラーメンファンで賑わっている様子です。そんな中、先週土曜日よりいよいよ後半戦がスタートいたしました。2日目となるこの日は強風のおかげで会場は大荒れ。多くの人が建物の中で食べているようでした。今回も6杯全てをいただいてきましたので紹介します。

まずは信州勢「風神雷神」

風神雷神

「肉盛!! 鶏とんこつ醤油」

スープはこってり系の豚骨醤油。公式サイトには家系スープと書いてありましたが、家系よりもかなり甘めで醤油のコクが出た仕上がりになっています。少々クセが強いので好みは分かれそうなところ。麺はやや太めでどちらかというと中華麺というよりは蕎麦。スープとあわせてラーメンというよりは蕎麦といった感じでした。トッピングはやや甘めの豚肉に厚揚げが一枚。なかなか独創的な一杯でした。

続いて「BOND OF HEARTS」グループから参戦の「江戸川ヌードル悪代官」

悪代官

「ぬーどる」

写真は大悪盛り(400円増し)です。
こちらも濃厚な豚骨醤油スープ。どちらかというとマイルドでクセがなく、豚骨の旨味を前面に押し出した丸みのある仕上がりになっています。コクがあり飽きずに最後まで飲み干すことができました。少々ニンニクが効いているのも好印象。麺はコシが強い極太麺でスープに負けず劣らずの存在感を発揮しています。相性もなかなかです。トッピングには松本名物の山賊焼きが乗っているのがインパクトがあります。カリカリの衣がスープを吸ってまた面白い味わいに変化します。チーズがかかっているのもなかなかオシャレですね。

お次は新潟より「肉拉麺SEN」

肉拉麺SEN

「ラーメン」

写真は味玉トッピング(100円増し)です。
スープは魚介ベースの醤油味。今回もかなりコテコテとしたラーメンが多い中で、唯一のあっさり系の一杯です。スープは醤油の甘みがひしひしと感じられ、あっさりとした中にも斬新さを感じられる仕上がりになっています。麺は加水率高め、平打ちの極太麺を使用。麺のコシはあまりありませんが、スルスルと一気に啜りこめるのがいいですね。トッピングのチャーシューは肩ロースとバラ肉の2種類が入っています。肩ロースの方は噛んだ瞬間に肉汁があふれ出し、バラ肉はスープとの相性がよくこれまたジューシー。かなり満足度の高い一杯です。

続けて愛知より参戦「麺屋 あっ晴れ」

あっ晴れ

「ラーメン」

こちらは二郎系のボリューム満点な一杯。イベントなので野菜の盛りはかなり控えめですが、連食をしている身としてはこれくらいが丁度いい感じ。スープはこってり系の醤油豚骨味。豚骨や野菜の旨味が凝縮されていてコクがあります。ニンニクのパンチがまた効いているのもいいですね。麺は極太の縮れ麺を使用。モチモチとした食感がかなりクセになります。スープとあわせてかなりガッツリ食べられます。トッピングのチャーシューはかなりやわらかめで脂身も多め。箸ですっと切れてしまうあたりが驚きでした。スープをたっぷりと吸い込んで、噛んだ瞬間にスープと肉汁の旨味が交じり合ってかなり高評価でした。

そして愛知より参戦の「麺の坊 晴レル屋」

晴レル屋

「塩ラーメン」

こちらはドロリとした濃厚系の塩ラーメン。塩ラーメンなのですが、かなり鶏白湯の風味が強く丸めで奥深い仕上がりになっています。コクがあってなかなかクセになる味。インパクト大です。ただ、ちょっと好みが分かれるものであることも確か。上に盛られた鰹節がこれまたちょっと風味を加えていて面白いですね。麺はかための極細麺。これまた塩ラーメンとしては珍しいですね。スープをぐいぐい絡めとってきて相性もなかなか。トッピングはシンプルでスープの風味を壊さないのが好印象でした。

最後は同じく新潟より「麺匠 克味」

克味

「白味噌らーめん」

写真は全部のせ(400円増し)です。
これでもかと盛られたチャーシューがかなり印象的。スープは白味噌を使用した上品な鶏ガラスープ。全体としてこってり系ではありますが、かなり食べやすい印象を受けました。しつこい味わいではないのですが、かなり辛め。麺は縮れの太麺を使用。これまたスープとの相性がしっかり考えられており、モチモチとしていて小麦の風味を存分に堪能することができます。トッピングのチャーシューは弾力がありさっぱり系。スープの旨味で食べることができました。

後半戦もなかなかレベルの高いラーメンが揃っていたような気がします。こってり系がかなり多いのはあれですが…。ちなみに5月7日、8日は信州麺友会が全員集合して6種類のラーメンを提供するそうです。さすがに全種類とはいきませんが、チケットが2枚程あまっているので最終日にもう一度お邪魔したいと思います。

ごちそうさまでした

イベント情報
会場:ジャスコ南松本店東側駐車場
入場料:なし 当日チケット700円
駐車場:あり(無料)
営業時間:10時~20時(最終日は17時まで)
公式HP:http://mensenki.naganoblog.jp/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
もしよろしければ、ランキングバナーのクリックをお願いします!

スポンサーサイト

信越麺戦記Part3中京の章 前半戦

現在、ジャスコ南松本店の駐車場にて開催されている「信越麺戦記」に行ってきました。

麺戦記 会場

今年で3回目となり、信州ラーメン博がなくなってしまった今では県内で行われる唯一の大規模な屋外ラーメンイベントとなりました。今年も前半後半にわかれ、前半は23日から29日まで。この日は天候に恵まれたこともありかなりの盛況ぶり。行列のできているブースでは15~20分くらいは並ぶことになりました。
今年も6杯全てを1日で制覇してきましたので、紹介していきます。

まずは言わずと知れた「信州生(イケ)麺三銃士」

三銃士

「信州34 BLACK(極黒 豚骨魚介らぅめん)」

写真はトッピング全部のせ(300円増し)です。
スープは真っ黒で実に濃いめの味付け。醤油と豚骨のまろやかな風味がうまくマッチしていて奥深い仕上がりになっています。上の紅生姜がまたいい風味を出しています。しかし、名前に反して魚介の風味はあまり感じられなかったのは残念なところ。麺は中細のストレートで、コシが強め。スープとの相性もなかなかです。トッピングのチャーシューはなかなかジューシーで食べ応えがあります。

続いて「BOND OF HEARTS」グループから参戦の「肉玉そば おとど」

おとど

「肉玉そば」

写真はおとど盛り(200円増し)です。
スープは超濃厚な醤油系。醤油というよりは焼肉のタレ+豚骨というくらいコクが強いです(笑) 上に乗っている生卵を溶くと、また味がマイルドになっていいですね。麺はスープに負けないぐらいの極太麺を使用しており、めちゃくちゃスープが絡んできておいしいです。上の豚バラ肉はスープに浸して食べるとかなりいけます。ネギが多めに入っているのも嬉しいですね。日本一ご飯が進むラーメンがコンセプトというだけあって、本当にごはんが欲しくなりました。

お次は新潟より「GOGO宝来軒」

GOGO宝来軒

「ハイカラ 味噌ラァメン」

スープはかなりコテコテとした味噌。飲めば飲むほど深く味噌の味わいが感じられる面白いスープです。ハイカラと名のつくだけあって、いろいろな粒(なんでしょうか?)が乗っていて面白いですね。ただ、この粒はかなり癖の強い味で個人的にはいらないかな…とは思いました。麺は太めの麺で、スープに負けず劣らず主張が強いです。コシも強く、かなり食べ応えがあっていいですね。チャーシューはやわらかくて、肉の旨味が凝縮されています。

続けて岐阜より参戦「二代目 白神」

白神

「豚骨煮干そば」

名前に豚骨とつくだけあって、かなり濃厚でほんのりとした匂いの豚骨スープが特徴的。かなりドロドロとしていて個人的にはかなり好み。魚介の風味も足されてかなり完成度の高い味になっています。麺は普通の豚骨ラーメンの極細麺ではなく、中細のストレート麺が使われているのもいいですね。この方が豚骨スープにしっくりくるような気がします。トッピングの肉もデフォルトでもかなり多めなのが嬉しいところ。しっかりとスープの旨味を吸い込んでいておいしかったです。

そして愛知より参戦の「麺屋 喜多楽」

喜多楽

「塩そば かさね味」

こってり系がほとんどを占めている前半戦において、唯一のあっさり系ラーメン。スープはクセがなくていくらでもいけそうな塩スープですが、鶏等の旨味がしっかりと生きていて安定感があります。一息つくことができました(笑) 麺は中太のストレート麺。小麦の味がしっかりとしていてかなりスープとの相性も良かったです。チャーシューは結構厚めで味がしっかりしていました。水菜がアクセントになっていていいですね。ちなみに6店の中で一番最初に完売をしたラーメンだったそうです。

最後は同じく愛知より「フジヤマ55」

フジヤマ55

「濃厚みそラーメン」

写真は全部のせ(300円増し)です。
食べるラー油がたっぷりと上からかかってスープはかなり真っ赤になっています。しかし見た目ほど辛くなく、やや甘めの印象が強いスープになっています。バターがだんだんと溶けていき、だんだんと更にスープが濃くなっていくのも印象的です。麺は極太麺。これまたコシがかなり強く、スープとの相性もなかなかのもの。トッピングがかなりいろいろ入っているのも凄いですね。チャーシューはやや脂身が多め。かなりこってり系なので、あまりなれていない人だと胃がもたれてしまうかも知れません。

前半はなかなかレベルの高いラーメンが揃っていましたが、こってり系が5/6を占めているのはかなり辛かったです。後半もガッツリ系が大半を占めているので、胃の調子を整えて参戦したいと思います。

ごちそうさまでした

イベント情報
会場:ジャスコ南松本店東側駐車場
入場料:なし 当日チケット700円
駐車場:あり(無料)
営業時間:10時~20時(最終日は17時まで)
公式HP:http://mensenki.naganoblog.jp/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
もしよろしければ、ランキングバナーのクリックをお願いします!

ラーメンファンタジスタ第五章~TREND~ 第2弾

ながの東急百貨店で開催されている「ラーメンファンタジスタ第五章」に行ってきました。

ファンタジスタ

本日から第2弾が始まりました。今日は祝日ということもあり、かなり並ぶのではないかと覚悟していましたがそれほどでも無かったです。しかしながら、食べ終わって外に出てくる頃には長蛇の列が・・・。皆さんも出かける際はお早めに。会場でお会いしたラーオタさん達にはお世話になりました(笑)

頑者 つけめん

「つけめん」 900円

こちらは先月惜しまれながら閉店した「六厘舎」、先日紹介した「とみ田」と肩を並べるつけ麺御三家の一角、埼玉県にある「つけめん 頑者」の出品です。
スープは鰹の風味が香る魚介系。見た目からは実に濃度が高そうに見えますが、食べてみると意外にあっさりとしていて驚きました。豚骨をガンガン使ってガツンとした味を出すわけではなく、鰹の風味がほんのりと効いていて香り高い味に仕上がっています。インパクトは少ないですが、洗練された繊細な味です。表面には荒削りにされた節粉も浮いており、魚介好きにはたまらないです。しかし、結構大きめの骨を2、3本発見したのでその辺は要注意(汗) スープ割りは実にさっぱりした感じで最後までおいしくいただけました。

麺は極太で断面が丸いものを使用。自家製麺だそうですが、色合いがとても綺麗ですね。スープがさっぱりしている分、麺の印象が実に鮮明に残っています。スープにつけることによって、麺自体が持っている小麦の風味が際立ち、かなり完成度が高いです。喉越しもよく、とにかく麺が旨いの一言。久しぶりに衝撃を受けました。
トッピングには細長く切られたチャーシューがたくさん入っています。味がしっかりとしていて食べやすく、おいしいです。スープにもよく合っています。半かけの味玉もなかなかのものでした。

ご馳走様でした。

イベント情報
会場:ながの東急百貨店本館7Fレストラン街特設会場
期間:第1弾 9月9日~9月21日 第2弾 9月23日~10月5日
営業時間:11時~21時(20時30分LO) 9月21日、10月5日は17時まで(16時30分LO)
駐車場:あり(有料) 2000円以上の買い物で駐車券サービス
公式HP:http://www.goodnagano.com/fantasista/index.html

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
もしよろしければ、ランキングバナーのクリックをお願いします!

ラーメンファンタジスタ第五章~TREND~ 第1弾

ながの東急百貨店で開催されている「ラーメンファンタジスタ第五章」に行ってきました。

ファンタジスタ 会場

先週の木曜日から開始された毎年恒例のこちらのイベント。全国の最前線を行くラーメンや、県内の実力店のコラボラーメンが食べられるということもあり連日賑わいを見せています。僕は先週が試験前だったことや金欠などの問題からなかなか訪れることができませんでしたが、本日お邪魔してきました。

とみ田 つけ麺

「つけそば」 900円

こちらはつけ麺御三家の一角、千葉県にある「中華そば とみ田」の出品です。
スープは魚介をガツンと効かせた濃厚なもの。こういったタイプのものは数年前から流行し始めてきたので、僕も何回も食べたことがありましたが、これはそれらと比較してもかなり濃度が高いです。麺にどろりと絡みつき、魚介の旨みがひしひしと伝わってきます。かなり中毒性があり、一度食べ始めてしまうとあっという間に最後まで食べてしまいます。スープ割りはゆず風味のものが用意されています。ゆず・・・というとちょっと嫌な思い出が蘇ってきますが、なかなかさっぱりしていておいしかったです(笑) セルフサービスなので、入れすぎに注意です。

麺は極太のものが丸々1玉。おそらく300gくらいはあるでしょうか。国産小麦を100%使用した自家製麺だそうで、濃厚なスープによく合う力強い仕上がりになっています。モチモチとした弾力はかなり食べ応えがあり、一見少なそうに見えましたが、お腹いっぱいになりました。
トッピングにはチャーシュー、のり、ナルト、ネギ、半分の味玉が入っています。チャーシューはやや脂の乗ったバラ肉が2枚、スープと実によく合うジューシーな部位でとてもおいしかったです。味玉もやわらかくなかなかのもの。最後まで飽きずに食べることができました。さすが全国区の名店の味ですね。

現在提供中のほかの2杯も気になるところですが、お金の都合で今回は断念させてもらいます・・・。

ご馳走様でした。

イベント情報
会場:ながの東急百貨店本館7Fレストラン街特設会場
期間:第1弾 9月9日~9月21日 第2弾 9月23日~10月5日
営業時間:11時~21時(20時30分LO) 9月21日、10月5日は17時まで(16時30分LO)
駐車場:あり(有料) 2000円以上の買い物で駐車券サービス
公式HP:http://www.goodnagano.com/fantasista/index.html

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
もしよろしければ、ランキングバナーのクリックをお願いします!

信越麺戦記Part2北陸の章 後半戦

現在、ジャスコ南松本店の駐車場で開催中の「信越麺戦記」に再び行ってきました。

前回訪問した日の翌日、30日からまた店舗が入れ替わり新たなラーメンが食べられるようになりました。

麺戦記

この日は晴天に恵まれ、昼過ぎからは多くの人が詰め掛けていました。

今回も全種類を頂いてきたので、紹介していきます。

まずは県外勢から・・・

最初は、前半戦に引き続き富山から「麺屋いろは」
前半戦の塩ラーメンはとてもおいしかったのですが、今回はいよいよ富山の名物「富山ブラック」を提供。どんな味のラーメンなのか期待が高まります。

富山ブラック

「富山ブラック」

器の底どころか、麺すら確認できない程真っ黒な醤油スープが特徴。しかし、スープはそこまでしょっぱくなく食べやすい印象を受けました。コクがありながらも、後味は尾を引かないさっぱり系。勧められた黒胡椒を振ってみると、さらに味に深みが出て良いですね~。
麺は中太の縮れ麺で、スープの黒をまとって色が変わっています。コシが強く、食べ応えあり。
トッピングのチャーシューと玉子は、やはりお得感があります。チャーシューはジューシーで、外側はカリッとしていて絶品です。玉子は前半戦より心なしか固めになったかな? とにかくスープと違和感無くマッチしていておいしかったです。

続いては、石川から「中華そば 神仙」
あの和歌山の名店「井出商店」の味を継いだ、和歌山ラーメンで勝負です。去年の信州らーめん博でも出展していました。あの時はあまり味わって食べる事ができなかったので・・・

神仙

「中華そば」

豚骨を煮詰めに煮詰めて作られた濃厚で粘度の高いスープが特徴です。コテコテした感じのスープですが、意外にも馴染みやすい印象を受けました。これに極細麺がよく絡んでハイレベルな味に仕上がっています。一緒に行った豚骨好きの先輩がとても好んで食べていました。
トッピングも、スープに合うようにうまく考えられています。花の形のカマボコがまさに花を添える感じです。メンマが入っていない分、箸休めとして重宝してくれます。

続いては新潟から「ラーメン東横」
前後半戦合わせて、唯一割りスープをつけたラーメンを提供するということで、個人的には注目をしていたお店です。

東横

「特製みそラーメン」

鉄鍋で野菜と一緒に煮込んだ味噌スープが印象的な一杯。熱々です。
味噌スープはかなり濃いめ。ドロドロとしており、キャベツやもやしの甘みとよく合っていました。野菜があれば、十分に食べられる塩加減のスープでしたが、一応気になったので割りスープを少し投入。生姜と野菜の旨みが染み出た割りスープは、元のスープの旨みを壊さずにうまく味を調整してくれます。濃いめの味が好きな人は入れすぎに注意です。
麺は濃厚味噌によく合う極太麺。多少茹で上がりに時間がかかり、提供されるのに時間がかかるのが弱点ですが、スープに負けずに麺の風味を主張。スープとの相性◎です。
トッピングのチャーシューは大きめ。しかしさっぱりした印象でいい脇役でした。

県外勢最後は、新潟より「酒麺亭 潤」
あの「一球入魂」ならぬ「一麺入魂」で有名ですよね。

潤

「旨潮麺 甘海老醤仕立て」

白濁した塩スープに、所々広がるラー油?が印象的な一杯。あの燕三条系の味をルーツにしているそうです。
こってりしていて、塩の旨みを存分に味わう事ができます。所々で感じる海老の旨みも流石ですね。
麺は太めで、若干伸びやすいような印象も受けましたが、おいしかったです。トッピングもシンプルながら個性がいろいろとあって良かったですね。

続いては県内勢・・・

まずは「信州麺友会FINAL」
長野の7店舗が集って結成された、仲良しラーメン店主達の団体。今回は「まとや」「いなせ」「吟屋」「きまはち」の4店舗がタッグを組んでの出展です。

麺友会

「豊潤淡麗 優しさの余韻」

大判のチャーシューがインパクト大の一杯です。スープは醤油ベースですが、油がたっぷりと敷いてありこってりとした印象を受けます。が、スープを飲んでからしばらくした後の印象は実にさっぱり。まさにこってりとあっさりの境界線を往くような味ですね。この辺は「まとや」さんらしさがよく出ています。
麺はやや細めのストレート。これは「きまはち」さんですかね。スープの旨みと自然にマッチし、ごく自然に胃袋に入ってくる辺りが良いですね。
トッピングのチャーシューも味がよく染みていて良かったです。
しかし麺友会、最後のイベント出展というのは寂しい気がしますね・・・。

続いては「らららー麺」
前半戦は塚田氏と宮入アナのコラボでしたが、今回は塚田氏が高木アナとコラボ。

らららー麺

「らららー麺<鶏そばタイプ>」

鶏白湯をベースにしたラーメンです。見た目は非常にこってりしていますが、口当たりはあっさりしていて食べやすい印象を受けました。全体的に柚子の風味が効いており、なかなかオシャレな感じです。丼の淵には柚子胡椒が乗せられており、これを溶くことによって更にスープの旨みが増します。
麺は中太でスープとの絡みも良しです。トッピングには2種類の鶏チャーシューを使用。どちらも凝った出来栄えになっており、鶏の旨みを存分に味わう事ができました。

前半戦に引き続き県内、県外勢共にハイレベルなラーメンが提供されています。後半戦は連休と重なっているため、前半戦以上に多くの人が訪れるのではないでしょうか。皆さんも是非、足を運んでみてください。

イベント情報
会場:ジャスコ南松本店東側駐車場
入場料:なし 当日チケット700円
駐車場:あり(無料)
営業時間:10時~20時(最終日5月5日は17時まで)
公式HP:http://mensenki.naganoblog.jp/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
もしよろしければ、ランキングバナーのクリックをお願いします!

プロフィール

イデ

Author:イデ
受験勉強も頑張ります

近況報告

ツイートまとめ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
アクセスカウンター
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。